美白・美肌を目指そう!

女性のあこがれ美白や美肌。いつの時代も憧れの対象です。一時期もてはやされた健康的な小麦肌、行き過ぎた日焼けの時代でも美白という絶対的な支持は途切れることはありませんでした。

もちろん、そこにシミがあってもいけませんし、毛穴の黒ずみなどもあってはなりません。美白とは単に色を表している言葉ではないのです。透明感のある肌を美白や美肌と言うのです。

もちろん、肌と言うのは年齢を重ねるにつれ劣化してしまうものです。それを防ぐことは出来ません。しかし、その進行を日々の努力や美肌への意識で遅らせることは出来るのです。逆に日々のケア不足で進行を早めてしまう事も可能なのです。

よく聞く言葉に「肌年齢」というフレーズがあります。肌の年齢はあなたの実年齢に比べて若いのか、若くないのかがまず第一のキーポイントになります。そして少しでも肌年齢を若くするためには生活での注意やケア次第でかなり違いを見せることになります。

形あるものは必ず劣化します。肌も、もちろん例外ではありません。しかし、たまに時空を超えたかのように年齢に見えない肌を保っている人もいます。50歳を超えているのに20代にしか見えない奇跡的な人もいれば、20代なのに30代、40代にみられてしまう人もいます。この実年齢よりも若く見られる人たちの努力を見ることが重要なのです。

世の中、見た目!

良くも悪くもこの世の中、見た目が重要視されています。例え建前が違ったとしても現実問題、見た目による影響は大きいのは疑いようのない事実です。美肌でない事がどれだけ社会的損失、経済的損失を招いているのかは計算できませんが確実に損はしているのです。

他人はもちろん、鏡で自分を見れる部分の多くは肌です。どんなに骨が綺麗でも、どんなに臓器が綺麗でも他人には当然、初見でそんなところを見てくれません。見てくれるのは肌のみです。性格などはその次の次!

もちろん美人と呼ばれるためには、顔のパーツや体型なども関係してくるでしょう。しかし、肌が綺麗というのも大きな条件の一つに入ってきます。常に晒されている顔はもちろん、全身の美肌をすでにみなさん努力していることと思います。それでも自信を持って私は美肌だと言いきれる人は少ないと思いますし、いろいろ試しても結果を満足していません。

ただ、肌は正直です。美肌になるように、美白になるように努力すれば必ず少しづつでも結果として現れてきます。本当に美白・美肌になる方法さえ理解していれば!今現在、美肌とは言えないのなら美肌になるように努力をすれば良いのです。正しい効果的な方法で!

美肌の条件について

よく美肌という言い方をしますが、美肌とは一体どのような肌のことを言うのでしょう。美肌の条件について考えてみましょう。まず美肌ケアをしているか、ケアしていないかは別問題と言えるようです。もちろんケアによって美肌を手に入れることはできますが、個人差があることも事実です。しかし実際に理想的な肌ではないと思う人は、正しい美肌ケアをおすすめします。

美肌の条件として、まず色素沈着がないことが挙げられます。紫外線から肌を守っている人は、やはり色素沈着が起こりにくいと言えるでしょう。紫外線によるダメージがくすみやシミ、そばかすの原因になります。紫外線はしわやたるみにもつながるので注意しなければなりません。しかし若いうちは抗酸化力も強く、また肌組織内のコラーゲンなどの美容成分の生成も多いため、同じように紫外線のダメージがあってもシミにはなりにくいのです。やはり加齢によっていろいろな成分の分泌が低下することで、シミや色素沈着になりやすいようです。また加齢によってコラーゲン生成が低下し、古く黄色くなったコラーゲンが残ってしまい、肌全体のくすみになることもあります

次に言えることは保水力です。保水力のある肌はハリがありシットリした美肌と言えるでしょう。しかしこれも加齢によって保湿成分であるコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などさまざまな成分の生成が低下するため、保水力の悪い乾燥肌となります。乾燥肌はしわやたるみ、くすみ、肌トラブルにもつながります。

またキメの細かさも美肌の条件です。赤ちゃんの肌はみんなキメが細かく、年齢とともにだんだんキメが粗くなっていきます。特に個人差はありますが、毛穴が開いてしまうと完全にキメの粗さが目立ってしまいます。このように美肌の条件はシミ、色素沈着、くすみなどがなく、毛穴が開くなどもなく、保湿性の高いキメの細かい肌ということになります。そして美肌ケアは洗顔、ケア化粧品だけでなく、睡眠不足や便秘、栄養不足、過食など生活面によっても大きく影響するので、これら全体的に注意することが大切です。


翌朝には実感できる潤いとハリのラミューテの美肌セット